コトバ

この梯子を昇ったら
君に逢えそうな気がする

随分と先を急いでしまった
おっちょこちょいの君

親戚中でいちばん笑顔だった君
笑った顔が仏様のようだと
よく言われていたね

子宝にも恵まれた君を
羨ましそうに見てた若い頃

元気でやってる?
変わりはないかい?

僕は相変わらずだよ
君が逝ってから
みんなは大変だったみたいだけどね

手紙くらい遺してけよ

どうして

君はあの時逝ったんだい?

その答えを
僕は今も探せずのままだよ
君の笑顔を今でも
鮮明に覚えているよ

どうして

君が首を吊ったのか

君に会って聞きたいけれど
僕はまだここにいるよ

寿命を全うするんだ

君の分も。

 

関連記事

  1. コトバ

    戻らない道と戻れない道、この道はどっちだ。…

  2. コトバ

    一瞬の青空

    その先の青空が見えているかい?早足で歩きすぎて見逃して…

  3. コトバ

    愛の大きさ

    たとえばそこにあるはずの愛が半分だとしてもさ信じる…

  4. コトバ

    人生

    振り向いたら、そこは雷みたいな人生が…

  5. コトバ

    その先へ

    足跡は後に残るものではなくて、その先へ先へと続…

  6. コトバ

    ひこうき雲

    この線の先の方に君がいてくれたらそれでいい。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. M for Melbourne

    和タイム
  2. コトバ

    一瞬の青空
  3. ワイン番長日記

    シャブ中
  4. エッセイ

    はじまりの時
  5. ストーリー

    雨と朝日の狭間で。
PAGE TOP